顔などのほくろをキレイに除去したい!

最近ほくろが急に大きくなりだした、ほくろの形が円形ではなくいびつだなど、ほくろの状態によっては悪性腫瘍との見極めが必要になることがあります。そんな時は、レーザーで焼いてしまうのではなく、ほくろを切り取って病理診断(顕微鏡で細胞を調べる検査)をしなければなりません。

ほくろのくりぬき手術(健康保険適応)

ほくろが小さい場合は専用の器具で丸くくりぬき、ほくろが大きい場合はメスで切り取り、後は糸で縫います。糸は2~3日で抜きます。キズあとは一本の細い線状で、赤みが引けばほとんどわからなくなります。ほくろを確実に切り取る事ができるので、再発の可能性はまずありません。ほくろ治療には保険がききます。

炭酸ガスレーザーによるほくろの除去

光線が当たった部分をすべて焼き飛ばしてしまうレーザーです。盛り上がったほくろも平らにすることができます。手術の後およそ1週間で皮膚がはり、その後はお化粧が可能です。

キズあとは元のほくろの大きさよりもずっと小さくなりますが、わずかに凹んだ感じになることがあります。ほくろの細胞が深い所にある場合は、小さなほくろが再発する場合があります。再発した場合は再診料のみでもう一度手術させていただきます。

Qスイッチアレキサンドライトレーザーによるほくろの除去

盛り上がっていない平らなほくろにお勧めの治療です。黒や茶色い細胞のみに吸収され、その細胞を焼き殺すレーザーを使います。メラニンを持っていない他の細胞にはほとんどダメージを与えないので、キズあとはほとんど残りません。手術の後は数日間、かさぶたのようになりますが、これがとれた後はお化粧できます。

ほくろの色は確実にうすくなりますが、完全に無くならない場合もあります。この場合は再診料のみでもう一度レーザー治療をさせていただきます。

ほくろ除去料金表

保険治療

山王クリニック価格一覧表

初診料 3,000円 再診料 1,000円 (別途消費税8%が掛かります)

医療レーザー脱毛 フェイシャルトリートメント フォトフェイシャルファースト
レチノイン酸(シミ取り軟膏) ハイドロキノン(美白軟膏) シミ、入れ墨のレーザー治療
ボディートリートメント 目もと
下顎 小顔術 注射によるシワとり
ボトックス注射 わきが、多汗症 美容内服薬
プラセンタ内服薬 メソセラピー にんにく注射
プラセンタ注射 美容点滴
立ち耳 乳房 ワキガ・多汗症
へそ形成術 男性性器 女性性器
陥入爪 ピアス ほくろ除去
瘢痕修正 スマートリポ(リポレーザー)
お問い合わせ・ご予約

TOP